ベネッセ情報流出訴訟最高裁判決、高裁に差し戻し | 法律ニュース部

ベネッセ情報流出訴訟最高裁判決「差戻」

ベネッセ情報流出訴訟最高裁判決、高裁に差し戻し

2014年に起きたベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件をめぐり、個人情報の漏えいによる損害賠償が認められるかが争われた訴訟の上告審判決が10月23日にあった。

事案の概要

訴えを起こした顧客の男性は、男性の氏名、郵便番号、住所、電話番号とその子ども(10歳未満)の氏名、性別、生年月日の個人情報が漏れたとして、ベネッセ側に10万円の損害賠償を求めていた。

ベネッセは情報漏えいした顧客にお詫びの金券500円の支払いをすでに行っている。

最高裁判決

破棄、差し戻し

「本件個人情報は,上告人のプライバシーに係る情報として法的保護の対象となるというべきであるところ……事実関係によれば,本件漏えいによって,上告人は,そのプライバシーを侵害されたといえる。」

「原審は,……プライバシーの侵害による上告人の精神的損害の有無及びその程度等について十分に審理することなく不快感等を超える損害の発生についての主張,立証がされていないということのみから直ちに上告人の請求を棄却すべきものとしたものである。そうすると,原審の判断には,不法行為における損害に関する法令の解釈適用を誤った結果,上記の点について審理を尽くさなかった
違法があるといわざるを得ない。」

「本件漏えいについての被上告人の過失の有無並びに上告人の精神的損害の有無及びその程度等について更に審理を尽くさせるため,本件を原審に差し戻すこととする。」