オークションサイトで画像を無断使用の疑い、ドメイン再販業の男を書類送検

ドメイン再販業の男、東京五輪エンブレム無断使用の疑いで書類送検 – 警視庁

オリンピック・パラリンピック東京大会のエンブレム画像を無断で使用したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、著作権法違反容疑で、東京都足立区の会社役員の男(44)を書類送検した。

男は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式サイトを連想させるドメインをネットオークションに出品(「2020tokyo-olympic.jp」など3件のドメインを出品。公式サイトの「tokyo2020.jp」と酷似していた。)。

この出品の際に、大会組織委員会の許可なく「組市松紋」や「TOKYO2020」の文字列が入ったエンブレム画像を掲載した疑い。

オークションサイトでの無断使用画像

無断転載問題は随分と前から問題視されていた。ヤフオクでは規約違反であり、知的財産保護プログラムの中で監視も強化されている。

利用者にとっては、自分のHPでも無く、出品期間中だけ利用するものだから、罪の意識は少ないのだろう。

しかし、れっきとした著作権法違反である。



フォローする