平成29年政党交付金額定まる 民進党は総選挙前から9.6%減、新党の希望は5.03億、立憲は4.37億

総選挙の結果を反映した政党交付金額定まる

自民が総額の56.13%にあたる176.02億

民進党は総選挙前から9.6%減の78.85億
新党の希望は5.03億、立憲は4.37億

なお、共産党は、政党交付金は憲法違反だと解釈しているため、受け取っていない。

平成29年11月21日総務省報道資料

「平成29年分政党交付金の変更決定等」

平成29年10月22日に第48回衆議院議員総選挙が行われたことに伴い、政党助成法の規定に基づき、政党交付金の交付を受けようとする8政党から、選挙基準日(※)現在において政党としての要件を満たす旨の届出がありました。

この届出に基づき、各政党へ交付すべき政党交付金の額について、本日、変更決定及び交付決定を行いました。

※ 総選挙の期日の翌日又は当該選挙により選出された衆議院議員の任期の初日のうちいずれか遅い日。 今回は選挙期日の翌日の10月23日。

平成29年10月23日(選挙基準日)現在における政党の届出に基づく各政党への政党交付金の変更決定額及び交付決定額は、以下のとおりです。

○変更決定(継続して政党交付金の交付を受ける政党)

自由民主党
17,602,968,000 円
民 進 党
7,885,066,000 円
公 明 党
3,104,538,000 円
日本維新の会
1,059,665,000 円
自 由 党
377,131,000 円
社会民主党
392,822,000 円

○交付決定(政党としての要件を満たすこととなった政党)

立憲民主党
437,093,000 円
希望の党
503,485,000 円

総額は31,362,768円。国民1人当たり年間250円で計算される。

日本のこころへは特定交付金

報道資料

平成29年11月21日

特定交付金 の交付決 定

「日本のこころ」から、政党助成法上の政党要件を満たさなくなった旨の届出に併せて、特定交付金の交付を受けようとする旨の届出があったため、本日、特定交付金の交付決定を行いました。

政治団体名
日本のこころ

政党要件を満たさなくなった日
平成 29 年 10 月 22 日

届出が提出された日
平成 29 年 10 月 30 日

特定交付金の交付決定額
41,092,324 円

※ 日本のこころへの特定交付金の交付決定額は、基準日(平成 29 年1 月 1 日)現在において算定した政党交付金の年間交付決定基準額の10/12(政党要件を満たさなくなった 10 月までの 10 ヶ月相当額)から、本年既に交付された政党交付金の額(369,823,500 円)を控除した額です。



フォローする