岸和田市長、自民党の支援を取り付けるために200万円提供【産経・朝日が27日朝報道】

市長選挙の前、岸和田市長が現金を自民党関係者に預けたと報じられた

岸和田では、自民・神谷議員が自民党系市議に現金を渡した問題が明るみになったばかり。

[ニュース考察]自民・神谷議員現金配布問題 刑事責任を問えるか?
「政治団体への寄附」という逃げ道 ザル状態の公選法 自民党の神谷昇衆院議員が衆院選公示前の9月下旬、立候補した大阪18...

産経新聞11月27日

大阪・岸和田市長が200万円を支持者に提供 平成25年総選挙、自民推薦を依頼

大阪府岸和田市の信貴(しぎ)芳則市長(56)が平成25年の前回市長選で、自民党の支援を取り付けるために当時の支持者に200万円の資金を提供していたことが26日、信貴氏らへの取材で分かった。資金提供後、信貴氏は実際に自民の推薦を得て初当選を果たしていた。資金は自民側に渡ったとみられるが、関係団体の政治資金収支報告書には記載がないうえ、信貴氏側も政治資金として処理をしておらず、政治資金規正法や公職選挙法に抵触していた疑いがある。……詳しくはhttp://www.sankei.com/west/news/171127/wst1711270010-n1.html

朝日新聞11月27日6時25分

岸和田市長、自民関係者に現金預ける 4年前の選挙前

4年前の大阪府岸和田市長選で、当時新顔として立候補を表明していた信貴(しぎ)芳則市長(56)が、選挙前に現金を自民党関係者に預けたと朝日新聞に証言した。この自民党関係者は朝日新聞の取材に「現金200万円を預かり、2013年10月に地区幹部に渡した」と証言。信貴氏も朝日新聞の取材に応じ、選挙で応援してもらう趣旨かとの質問に「そうですな」と答えた。……詳しくはhttp://www.asahi.com/articles/ASKCW01TLKCVPTIL01B.html