27日の日本会議20周年大会 安倍首相はメッセージで改憲意欲を示す

日本会議20周年大会が開催された

「日本会議」と、同会議と一体の国会議員懇談会の設立20周年記念大会が、27日、東京都内のホテルで開かれ、自民党や希望の党、日本維新の会から三十数人の国会議員が参加した。

同大会には安倍晋三首相がメッセージを寄せ「自由民主党は国民に責任を持つ政党として、憲法審査会における具体的な議論をリードし、その歴史的使命を果たしてまいります」と表明した。

同大会での発言

日本会議議連の新会長に就任した自民党の古屋圭司衆院議員
「憲法改正に向けて確実に歩を進めていこう」

自民党憲法改正推進本部顧問の下村博文元文科相
「来年の通常国会にはわが党として憲法改正発議ができる、それを憲法審査会で(改憲案を)提案できるよう頑張る」

希望の党の松沢成文参院議員団代表
「憲法改正に進むよう希望の党として最大限の努力をする」

日本維新の会の馬場伸幸幹事長
「憲法改正議論は、先頭に立つ」

日本会議地方議員連盟の松田良昭会長
「九条の会や護憲派には負けられない」

大会採択

「いよいよ我々は、憲法改正実現のための正念場を迎えている」とする宣言文を採択した。



フォローする