産経新聞の記事に名誉毀損があったことを認め55万円の賠償命令―大阪地裁

記事で名誉毀損、産経新聞に賠償を命じる-大阪地裁

社会福祉法人の土地取引をめぐる記事で、神戸市西区の社会福祉法人の理事だった男性らが産経新聞社などに計1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は27日、同社側に55万円の支払いを命じた。

問題の記事は2016年1月4日の朝刊社会面。特別養護老人ホームを運営する社福法人の理事だった男性が不明朗な土地取引で法人に約4700万円の損失を与えた疑いがあるとの内容。

判決は、男性が理事の地位を利用して不当な行為をしているとの印象を与えると指摘。土地がその後に売却され、損失が約920万円にとどまることを記者は知っていたはずで、約4700万円の損失が維持されている疑いがあるとの部分については、真実と信じた相当な理由は認められないとした。

ただし、記事中で、男性について匿名だったことから、賠償額は50万円に留まった。

産経新聞側が控訴する方針。 詳しくは → 産経新聞「本紙記事の一部は名誉毀損、55万円支払い命令 社福法人の土地取引めぐり 大阪地裁」http://www.sankei.com/west/news/171127/wst1711270072-n1.html