【中国】中国政府批判で台湾・民進党元職員に懲役5年の判決

ネットで中国政府批判 台湾 民進党元職員に懲役5年判決

台湾の与党・民進党の元職員で、人権問題に取り組むNGO職員の李明哲氏は、中国を訪れた際に拘束された。その後、インターネット上で中国政府の批判を繰り返したなどとして、国家を転覆しようとした罪で起訴された。

中国の裁判所は28日、李氏に懲役5年の有罪判決を言い渡した。李氏は今年9月の初公判の際に罪を認めていて、判決に対しても控訴しないとしている。


2017年5月26日の中国当局の発表によると、李氏は3月19日に入国したときに拘束された。国家安全当局の調べによると、李さんは2012年以降、頻繁に入国し、政権転覆のために中国側関係者と共謀して、行動綱領の立案、違法組織の設立、活動の計画・実行を行ったことがわかったという。また、李さんを含む数人が、国家の安全に危害を加える活動に関わったことを認めたと述べた。

参照・台湾の新聞社

●聯合報『李明哲遭陸方以「顛覆國家政權罪」判處有期徒刑5年』https://udn.com/news/story/11022/2843424

●自由時報『被控顛覆國家政權判刑5年 李明哲稱不會上訴』http://m.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/2266661

●蘋果日報『李明哲案今宣判 李凈瑜二度飛中國長沙救夫』https://tw.appledaily.com/new/realtime/20171128/1249026/



フォローする