判例変更 強制わいせつ罪「性的意図」不要 ― 最高裁

47年ぶり判例変更

強制わいせつ罪の成立に「性欲を満たす意図」が必要かどうかが争われた刑事裁判の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は29日、性的意図がなくても罪が成立するとの判断を示した。15人の裁判官全員一致の意見。

性的意図を「必要」とした最高裁判例を47年ぶりに変更した。判決理由では「今日では、被害者の受けた被害内容や程度に目を向けるべきで、70年の判例に正当性は見いだしにくい」と述べられた。

本件は、2015年に13歳未満の少女にわいせつな行為をして写真を撮ったとして、強制わいせつ罪などに問われた山梨県在住の無職の男性被告(40)の事件。最高裁は同罪の成立を認め、一・二審の実刑判決を支持。判例に反する判決だと主張した被告の上告を棄却した。

原審・2審

1審神戸地裁は「犯人の性的意図の有無によって、被害者の性的自由が侵害されたか否かが左右されるとは考えられない」とし、昭和45年の最高裁判例は「相当ではない」と判断。同罪の成立を認めて懲役3年6月を言い渡した。これを高裁も支持した。



フォローする