チケットキャンプ取引休止「ジャニーズ」などの商標を侵害した疑いで捜査

ミクシィは7日、子会社のフンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査を受けたとして、サービスを一時停止すると発表した。

チケットキャンプでの新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。各機能の一時停止は、7日から進められる。現時点でサイト上に出品されているが、取引が始まっていないチケットは、チケットキャンプ運営事務局が出品取り下げの手続きを行う。出品済みのチケットで取引が進行しているものは、取引が完了するまでサービスを提供する方針。

捜査は、兵庫県警によるもの。ジャニーズ事務所の商標権を侵害した疑いでフンザを家宅捜索している。

フンザが独自運営するジャニーズ事務所所属タレントの情報をまとめたサイト「ジャニーズ通信」が、事務所が持つ「ジャニーズ」などの商標を侵害した疑い。「ジャニーズ通信」は6日に公開を停止している。

また、チケットキャンプは2016年11月からアイドルグループ「嵐」のドームツアーのチケット取引手数料を一定期間無料にするという「ジャニーズ応援キャンペーン」を実施。これに対して、ジャニーズ側は同じ月に、名前を無断で使用されていることや、規約違反としている転売あっせん行為についてサイト上でチケットキャンプに対する抗議文を発表していた。

今後ミクシィは外部の弁護士らで構成する調査委員会を設置し、事実確認や原因究明にあたる。


フンザは、コンプライアンス強化策を発表したばかりだった。

不正に取得したチケットの転売行為を防止を目的に、利用ルールを変更するもの。

2018年1月より、1公演につき出品の上限を4枚。

2018年3月をめどに、本人認証を厳格化。初回出品時に氏名と住所の登録を必須とし、出金時には身分証明書などの確認を行って、登録された氏名と一致する口座名義でない場合は売上金を引き出せないようにする。


公式アナウンス https://ticketcamp.net/pr/2017/12/07/news_1207/
いつもチケットキャンプをご利用いただき、ありがとうございます。この度、誠に勝手ながら本日2017年12月7日(木)をもちまして、チケットキャンプのサービスを一時停止致しますことをお知らせします。チケットキャンプのサービス一時停止に関する詳細は、以下の通りとなっております。2017年12月7日(木)
・新規会員登録、新規出品・リクエスト、新規落札が行えなくなります。
・現在出品中のチケットで、落札前(取引成立前)のものにつきましては、事務局にて削除を行いました。※現在出品中のチケットで落札後(取引成立後)のものにつきましては、削除は行わないため通常通りお取引を継続ください。
※サンロッカーズ渋谷「チケキャンダンクシート」、千葉ジェッツふなばし「XFLAG JAMシート」はご購入いただけます。
※売上金につきましては、振込依頼を行っていただくことで通常通りお受け取りいただけます。サービスの一時停止期間につきましては未定となっております。
ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。



フォローする