[評価調書の画像] 森友学園売却前のゴミ撤去費は8000万円

 売却4年前のごみ撤去費用は8000万円余

7日、参議院の連合審査会が開かれ、財務省は、「森友学園」に国有地がごみの撤去費用などとして8億円余り値引きされて売却された問題をめぐり、売却の4年前、財務省近畿財務局が購入を希望した別の学校法人に対して、撤去費を約8000万円と見積もっていたことを明らかにした。この見積もりは「評価調書」作成に際して作られた。

大阪の学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐっては、去年6月、地中のごみの撤去費用などとしておよそ8億2000万円値引きされ、およそ1億3400万円で売却された。会計検査院は、算定に必要な「評価調書」が作成されていなかったことなどから、適正と考えられる値引き額は検証が難しいと指摘している。



フォローする