AppStore ガチャの排出率表記を義務化 【スマホゲームアプリ問題】

Apple ガチャの排出率表記義務化へ

「App Store審査ガイドライン」(英語版)に、「ガチャの排出率表記」を義務化する条項が追加された。日本語版には反映されていないが、近く反映されると思われる。

このガイドライン変更によって、ガチャの排出率を表記していないアプリはApp Store上で提供できないことになる。

22日午前4時現在のガイドライン

日本語版

3.1 支払い

  • 3.1.1 App内課金:
    • アプリケーションのコンテンツまたは機能(例:定期購読、ゲーム内通貨、ゲームレベル、プレミアムコンテンツへのアクセス、フルバージョンの利用)は、App内課金を使用して解放する必要があります。また、ユーザーがApp内課金で購入した通貨でデジタルコンテンツプロバイダにアプリケーション内で「チップ」を払うようにすることもできます。App内課金以外の方法で、ユーザーを何らかの購入に誘導するボタン、外部リンク、その他の機能をアプリケーションやメタデータに含めることはできません。
    • App内課金で購入されたクレジットやゲーム内通貨に有効期限を設定することはできません。また、返還可能なApp内課金を導入する場合は返還のメカニズムを実装する必要があります。
    • 適切な課金タイプを割り当てていない場合、アプリケーションは却下されます。
    • App内課金で手に入れたコンテンツ、機能、消費アイテムを直接的または間接的に他のユーザーに譲渡できるようにすることはできません。
    • Mac App Storeで配信されるアプリケーションでは、App Storeとは別の方法で有効化されるプラグインまたはExtensionを使用することができます。

英語版

3.1 Payments

  • 3.1.1 In-App Purchase:
    • If you want to unlock features or functionality within your app, (by way of example: subscriptions, in-game currencies, game levels, access to premium content, or unlocking a full version), you must use in-app purchase. Apps may use in-app purchase currencies to enable customers to “tip” digital content providers in the app. Apps and their metadata may not include buttons, external links, or other calls to action that direct customers to purchasing mechanisms other than in-app purchase.
    • Any credits or in-game currencies purchased via in-app purchase may not expire, and you should make sure you have a restore mechanism for any restorable in-app purchases.
    • Remember to assign the correct purchasability type or your app will be rejected.
    • Apps should not directly or indirectly enable gifting of in-app purchase content, features, or consumable items to others.
    • Apps distributed via the Mac App Store may host plug-ins or extensions that are enabled with mechanisms other than the App Store.
    • Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.

義務化

ガイドラインの「3.1.1 In-App Purchase」、ルートボックスやその他、ランダムに有料アイテムを提供する方式を持つアプリは、事前にそのアイテムの種類別排出率を利用者に開示しなければならないと追加されている。

※ルートボックス

ルートボックスは、近年欧米系のネットゲームに広く採用されるようになっている、ゲーム内アイテムのランダム購入方式。

ランダムでアイテムが手に入るボックスで、この開封自体を有料にしたり、開けるための“時間”を有料で短縮したりする仕組み。

日本では「ガチャ」が定着しているが、ガチャとルートボックスは、「ランダム」で「有料」でアイテムを提供する点で共通していて、同様の問題を持っている。

世界で広がるルートボックス規制

EUやハワイ州では、実際に法的な規制が検討されている。

・Belgium’s Justice Minister calls for loot box ban in Europe

http://www.pcgamer.com/belgium-says-loot-boxes-are-gambling-wants-them-banned-in-europe/

・State of Hawaii Investigating EA for ‘Predatory Practices’

https://screenrant.com/ea-hawaii-investigation-microtransactions-gambling/

・Loot boxes and skin betting in video games: What are they, are they gambling, and should they be banned in the UK?

http://www.mirror.co.uk/tech/loot-boxes-controversy-what-they-11566776

Star Wars バトルフロントの炎上

ねとらぼ「批判殺到の「Star Wars バトルフロント II」ゲーム内課金を一時停止 背景にディズニーの関与か」http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/20/news130.html

Electronic Arts(以下、EA)は11月17日の「Star Wars バトルフロント II」の発売に合わせて、ゲーム内課金要素を一時的にゲームから取り下げた。本作ではキャラクターを強化できるスターカードなどをクレート(ルートボックス)から入手可能で、そのクレートはゲーム内課金で入手できるクリスタル(もしくはゲーム内クレジット)を消費することで開けることができる。そのため、より多くのお金を払ったプレイヤーがマルチプレイで有利になるPay-to-Winに繋がるとの指摘を受けていた。開発元のDICEは発売前に一定の対策を講じたものの、それでも止まないコミュニティからの批判から最終的に一時停止に追い込まれた形だ。DICEは、不公平を生む可能性のある仕組みだったことを率直に認めて謝罪している。



フォローする