国連総会 首都エルサレム無効・撤回要求 賛成多数で採択

国連総会は21日緊急特別会合を開き、トランプ大統領が中東のエルサレムをイスラエルの首都と認めたことについて、「エルサレムの地位の変更は無効」であり、「米国に決定撤回を求める」決議を、賛成多数で採択した。決議に法的拘束力は無いが、国際社会の一致を図る目的がある。

賛成は日本を含む128カ国。トランプ米大統領が賛成した国に経済援助を打ち切ると表明しており、一部の国は棄権した(カナダやオーストラリアのほか、ハンガリーなど中東欧諸国やハイチ、ジャマイカなどのカリブ海諸国を中心に35カ国)。反対は米国やイスラエル、パラオ、トーゴなど9カ国。

決議文には、「聖都エルサレムの特性や地位、人口構成を変えるいかなる決定や行動も法的に無効であり、安全保障理事会の関連決議に基づき取り消されなければならない」。「すべての国連加盟国はエルサレムに外交機関を置かないよう求める」ことが明記された。



フォローする