Amazonドラマ「チェイス」 盗作疑惑・遺族感情無視 【弁護士の共同プロデューサーは釈明】

Amazonオリジナルドラマに盗作疑惑

Amazonオリジナルドラマ「チェイス」に対して、ジャーナリスト清水潔氏による著書「殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」(新潮社)との類似がネット上で指摘されている。

新潮社は「チェイス」について、12月28日付で「弊社より刊行している清水潔氏の著作『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』が原作なのではないか、との問い合わせを頂いておりますが、弊社および清水氏はドラマ「チェイス」の制作について何ら関知いたしておりません」とのコメントを発表した(http://www.shinchosha.co.jp/news/article/889/)。

関連記事

【遺族感情無視】Amazonドラマ「チェイス」盗作疑惑報道後も予定通りに第4話を配信
チェイス第4話配信 Amazonは5日、プライム・ビデオで、オリジナルドラマ「チェイス」の第4話を予定通り配信開始した...
新潮社、Amazonドラマ「チェイス」配信の即時中止を求める 【アマゾンは予定通り第6話配信開始】
新潮社の申し入れ 新潮社は18日、Amazonプライム・ビデオで配信中の「チェイス」について、配信元のアマゾンジャパン...

「殺人犯はそこにいる」

内容紹介 5人の少女が姿を消した。群馬と栃木の県境、半径10キロという狭いエリアで。同一犯による連続事件ではないのか? なぜ「足利事件」だけが“解決済み”なのか? 執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出す――。新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞受賞。日本中に衝撃を与え、「調査報道のバイブル」と絶賛された事件ノンフィクション。

北関東連続幼女誘拐殺人事件をテーマにしたジャーナリストのノンフィクション作品。2016年6月に出版。2017年12月31日現在でも、アマゾン売上ランキングで、新潮文庫カテゴリーで1位、ノンフィクション本カテゴリーで11位のベストセラーだ。

「チェイス」共同プロデューサーの四宮氏も出版当初に読んでいたことを表明している。

「地上波では作れない」

大谷亮平と本田翼がダブル主演する「チェイス」は、27年前に起きた5つの連続幼女誘拐殺人事件を追うサスペンスドラマ。

「龍馬伝」や「海猿」シリーズ、「HERO」などで知られる福田靖が脚本を担当し、「神様のカルテ」や「白夜行」、「サクラダリセット」などで知られる深川栄洋が総監督を務めている。

映画ドットコムの番宣記事にも表れている通り、このドラマは「地上波では作れない」と言って売り込んでいた。

本作では「えん罪」「証拠の偽造」「国家権力の暴走」など、スポンサーによって成り立つ地上波のテレビドラマでは描くのをためらってしまうような“国家の闇”にも果敢に切り込んでいる。(映画.com「大谷亮平&本田翼、“タブー”に踏み込んだ「チェイス」は「地上波では作れない作品」」http://eiga.com/news/20171226/14/ )

「殺人犯はそこにいる」の宣伝文、「執念の取材は前代未聞の「冤罪事件」と野放しの「真犯人」、そして司法の闇を炙り出す」と同じ売り。

共同プロデューサーの四宮氏 Twitterで弁明

共同プロデューサーの四宮氏はTwitter上で、清水氏宛のリプライとして、一般的な問題意識だと弁明している。しかし、取り扱う事件も同じである。

さらに四宮氏は、「架空の連続ドラマという「入りやすい入り口」で表現することにより、広い範囲の人と共有することができ」と発言。

ジャーナリストとして取材をし、事実を追い求めて完成させた作品を、ノンフィクションのドラマが茶化して良いはずがない。

清水氏は明言をしていないが、そのような弁明は通用しない旨のツイートをリツイートしている。

製作会社ジョーカーフィルムのプレスリリース

このドラマは複数の文献や判決文等に記載された、客観的に明らかとなった周知の事実を踏まえて「架空の物語」を創作したものであり、特定の書籍に依拠したものではありません。
また、特定個人の創作的表現を用いることも行なっておりません。あくまでフィクションの作品として描いております。

http://jokerfilms.tokyo/topics/amazon%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%80%8C%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%80%80%EF%BC%8D%E7%AC%AC%EF%BC%91%E7%AB%A0%EF%BC%8D%E3%80%8D%E3%81%AB

「殺人犯はそこにいる」は遺族の意思を尊重してきた

そして、新潮社は、遺族の感情に配慮し、映像化のオファーには慎重に対応している。

なお『殺人犯はそこにいる』の映像化につきましては、書籍発売後から数多くのお話を頂戴しておりますが、事件の被害者であるご遺族の感情に配慮し、弊社および清水氏は慎重を期して検討を進めております。http://www.shinchosha.co.jp/news/article/889/

四宮氏の非常識なリプライ「送り付け」



フォローする