【ミャンマー】ロヒンギャ取材のロイター記者を国家機密法違反罪で起訴

ミャンマー当局は10日、ミャンマー西部ラカイン州のイスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人(Wa Lone , Kyaw Soe Oo)を国家機密法違反の罪で起訴した。

有罪になると、最高で14年の禁錮刑が科される可能性がある。

2人は昨年12月12日、警官らの招きで夕食を共にした後、当局に身柄を拘束されていた。

Reuters「Latest international reaction to arrest of Reuters reporters in Myanmar」https://uk.reuters.com/article/uk-myanmar-journalists-factbox/latest-international-reaction-to-arrest-of-reuters-reporters-in-myanmar-idUKKBN1F00ED

米国務省は10日、深い失望を示し、改めて2人の即時釈放を求める声明を発表した。

Variety「Myanmar Charges Reuters Journalists Under Official Secrets Act」http://variety.com/2018/politics/asia/myanmar-charges-reuters-journalists-official-secrets-act-1202661100/



フォローする