ミサイル警報 誤配信 = ハワイ州 「職員の交代時に間違ったボタンを押した」

アメリカ・ハワイ州で13日午前8時7分(日本時間14日午前3時7分)ごろ、ミサイル攻撃を知らせる緊急警報が誤って配信された。州当局や米太平洋軍は「脅威はない」と打ち消したが、誤警報だったという訂正メッセージが通知されるのに約38分かかり、現地では一時、パニック状態となった。

携帯電話に流れたのは「弾道ミサイルの脅威が、ハワイに向かっている。避難シェルターをすぐ探すように。これは訓練ではない」というメッセージ。テレビなどでも同じ内容の警報が流れた。

ハワイ州の知事は、危機管理担当の職員が、警報メッセージ配信ボタンを誤って押したことが原因と説明し、謝罪した。

TIME「What If Hawaii’s False Missile Alert Had Been Real? Here’s What …」http://time.com/5102630/hawaii-false-missile-alert-procedures/

CNN「Here is what it was like being in Hawaii and getting a false missile alert」http://edition.cnn.com/2018/01/13/opinions/being-in-hawaii-during-false-missile-alert-tisby-opinion/index.html



フォローする