バーモント州で大麻解禁 住民投票を経ない合法化は全米初 | 法律ニュース部

バーモント州で大麻解禁 住民投票を経ない合法化は全米初

米国バーモント州議会が決議した大麻合法化法案について、バーモント州のフィル・スコット知事は22日、署名を行った。

バーモント州は、大麻を合法化した9番目の州となった。

これまで米国の大麻解禁は、住民投票を経て行なわれて来たが、バーモント州では議会の決議のみで合法化がなされた。


今回の法案により、21歳以上の成人は合法的に1オンス(約28グラム)までの大麻の所持が認められる。

また栽培に関しては、最大で2本の成熟した大麻草及び4本の未成熟の大麻草の所持が認められることになる。

ただし、大麻の商用販売は認められない。この法律は7月1日から施行される。


newsweek「VERMONT BECOMES NINTH STATE TO LEGALIZE MARIJUANA, BUT GETTING POT MIGHT BE TRICKY」http://www.newsweek.com/vermont-becomes-ninth-state-legalize-marijuana-heres-where-buy-it-787792

dailymail「Vermont becomes 9th state to legalize recreational marijuana」http://www.dailymail.co.uk/health/article-5299341/Vermont-governor-signs-pot-bill-mixed-emotions.html



フォローする