東京地裁、テレビ朝日に賠償命令「犯人と断定するような報道」

テレビ朝日に賠償命令

埼玉県警に建造物等以外放火容疑で逮捕された後、不起訴処分となった男性(昨年死亡したため、親族が訴訟継承)が、テレビ朝日の報道で名誉を傷つけられたとして損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、同社に220万円の支払いを命じた。


男性は、平成26年11月に埼玉県警に逮捕された。

テレビ朝日は、放火する様子を記録した防犯カメラの映像に、男性の名前を挙げて、「容疑者の姿を捉えた」とのナレーションを付して放送した。

しかし、男性はその後、嫌疑不十分で不起訴となった。


裁判でテレビ朝日は、県警などに裏付け取材をしたと主張した。

判決では、「放火犯が男性でなかった場合の悪影響は相当大きく、慎重を期した報道をすべきだ」と指摘。映像の人物が男性だとする根拠が不十分だとした。



フォローする