改正後初摘発 渋谷区の「青山蜂」で無許可クラブ営業

音楽を流して客にダンスをさせるクラブを無許可で営業していたとして、警視庁保安課は29日、飲食店「青山蜂」の経営者、後藤寛容疑者(47)と従業員ら計3人を風営法違反(特定遊興飲食店の無許可営業)容疑で逮捕したと発表した。

28日未明、店内で不特定多数の客にダンスをさせるなどして、都公安委員会の許可を受けずにクラブを営業した疑いが持たれている。

風営法は、2015年の改正でクラブの深夜営業は許可制になったが、同店は許可を受けていなかった。

クラブの営業は従来、原則午前0時(最大午前1時)までだったが、法改正により店内の明るさなどの基準を満たし、都道府県公安委員会から「特定遊興飲食店」の許可を受ければ、原則24時間営業ができるようになった。

毎日新聞の取材によると、昨年7、8月に警視庁から警告を受けていた。さらに同11月には同庁渋谷署に町内会から苦情が寄せられていたという。



フォローする