校長によるパワハラで那覇市に賠償命令―那覇地裁

那覇市立中学校で教頭を務めていた女性が、校長から厳しく叱られるなどのパワーハラスメントを受けてうつ病となり、退職せざるを得なくなったなどとして市に賠償を求めた裁判。

那覇地方裁判所はパワハラと退職などとの因果関係を認めて、市に620万円の賠償を命じる判決を言い渡した。(原告による請求額は4750万円。)

那覇地裁は「校長は地位や権限を利用して一方的で行き過ぎた言動を行い人格を傷つけて強い精神的苦痛を与えた。違法な公権力の行使にあたり過失が認められる」などと指摘した。

その上で、パワハラが原因でうつ病となり退職したなどと認め、教頭側が求めていた賠償額の一部、およそ620万円を那覇市に支払うよう命じた。