日弁連会長選 菊地裕太郎氏が当確

日弁連次期会長に菊地裕太郎氏

中本和洋会長(71)の任期満了に伴う次期会長選挙が9日、投開票され、東京弁護士会の菊地裕太郎氏(66)が当選確実となった。

16日の選挙管理委員会で正式決定する。任期は4月1日から2年間。

(日本弁護士連合会 会長選挙 仮集計結果https://www.nichibenren.or.jp/

今回の選挙には、いずれも東京弁護士会所属の武内更一氏(60)と、菊地裕太郎氏(66)が立候補していた。

得票は菊地氏1万3005票、武内氏2847票で、投票率は40.81%だった。



フォローする