大阪府警、不法就労助長容疑で一蘭を書類送検 | 法律ニュース部

大阪府警、不法就労助長容疑で一蘭を書類送検

留学生に上限を超過して働かせる

大阪府警は6日、ラーメンチェーン「一蘭」(福岡市博多区)の法人と、吉冨学社長(53)、本社総務労務統括責任者の男性社員(46)、東京オフィス労務担当責任者の女性社員(39)を入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検した。

さらに、大阪市中央区の2店舗の30代の店長計4人も同容疑で送検されたほか、ベトナムや中国からの留学生計10人も同法違反(無許可活動)の疑いで書類送検された。

容疑

送検容疑は昨年9~11月、道頓堀店本館(中央区宗右衛門町)と別館(同区道頓堀1)の2店舗で留学生10人を法定上限(週28時間)を超えて働かせたとしている。

同社は店舗の従業員の勤務時間を本社で管理。留学生が週28時間を超えて働いた場合、労務担当がメールで警告していたが、2店舗では改善されていなかったという。



フォローする