ワンセグ訴訟 NHK逆転勝訴 ―東京高裁 | 法律ニュース部

ワンセグ訴訟 NHK逆転勝訴 ―東京高裁

自宅にテレビがなく、ワンセグ機能付き携帯電話を持つ男性がNHKに受信契約の義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決が26日、東京高裁であった。

東京高裁は、1審・さいたま地裁判決(2016年8月)を取り消し、放送法が定める受信設備の設置に当たる」と判断。「契約義務がある」としてNHK側の逆転勝訴を言い渡した。

東京高裁では別の裁判長らも22日に契約義務を認める判決を2件出しており、控訴審ではいずれもNHKの勝訴となった。

ワンセグ携帯を巡る訴訟5件のうち、高裁判決は3件目。



フォローする