カプコンvsコーエー 審決取消訴訟でカプコン勝訴

知的財産高等裁判所は29日、カプコンに対してコーエーテクモゲームスが提訴した審決取消訴訟において、コーエーテクモの請求を棄却する判決を下した。

本訴訟は、特許権侵害訴訟事件と並行して、2015年4月17日、コーエーテクモがカプコンの保有する特許第3350773号の無効を求めた特許無効審判請求事件において、2017年3月24日、特許庁にて本件特許を維持する旨の審決がなされたことを受け、同年5月10日、同社が知的財産高等裁判所に審決取消訴訟を提起したもの。

特許第3350773号は、今作のディスクROMがゲーム装置に装填されるとき、前作のディスクROMを装填した場合に、特典を開放するもの。

知的財産高等裁判所は本訴訟で、特許第3350773号の有効性を認めたことになる。

カプコンは「当社は、ゲーム開発における発明を保護するとともに、ライセンスなどの特許権の有効活用を推進し、積極的にユーザーの皆様の利便性の向上およびゲーム業界の発展に貢献してまいります。」とコメントしている。



フォローする