【有識者検討会】民事裁判のIT化を提言

政府の有識者検討会は30日、インターネット上で訴状や答弁書といった書類を24時間いつでも提出できるようにするなど、民事裁判のIT化を求める提言をまとめた。

将来的には「基本的にペーパーの存在を念頭に置かない」全面IT化を視野に入れる必要があると言及。

これを受けて、法務省は、民事訴訟法の改正に向けた研究を始め、来年の法制審議会への諮問を目指す。

提言では、代理人弁護士らが裁判所に赴いている法廷外の争点整理手続きについても、裁判所と弁護士事務所などをネットでつなぐ「ウェブ会議」の活用が考えられると提示。

これは、法改正の必要がないため、最高裁はウェブ会議の先行導入を検討する。



フォローする