福田次官セクハラ テレ朝が自社社員の被害を公表

財務省の福田淳一事務次官が女性記者へのセクハラ発言の報道で辞任を表明したことに関連してテレビ朝日は19日午前0時すぎ、記者会見し、セクハラを受けたとされる記者の中に自社の女性社員が含まれ、録音データを出版社に提供していたことを明らかにした。

福田次官はセクハラ行為を否定しているものの、録音された音声や財務省に関する発言の内容を精査した結果、音声は福田次官の声で、セクハラ行為は事実だと判断したと説明し、財務省に正式に抗議することを明らかにした。

また、社員が福田次官との会話を録音していたことについて「1年半ほど前から取材目的で福田氏と数回、会食をし、そのたびにセクハラ発言があったため、みずからの身を守るために録音を始めた」と説明した。

さらに、社員は上司に「セクハラの事実を報じるべきではないか」と相談しましたが、上司が「本人が特定され、2次被害が心配される」と判断して報道を見送り、財務省や福田次官本人に抗議するなどの対応もとらなかったという。

このためこの社員は、財務事務次官という重い立場にある人物のセクハラ被害が黙認されてしまうという思いから、週刊新潮に連絡して取材を受け、録音の一部も提供したと話しているという。

テレビ朝日は「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは、報道機関として不適切な行為で遺憾に思っている」と述べ、録音の提供は不適切だったことを認めた。篠塚報道局長は「組織全体としての対応のしかたを考えるべきだったが、それができなかったことが、いちばんの反省点だ」と述べた。


「新潮」は福田氏が複数の女性記者にセクハラ発言を繰り返していたと報道。「デイリー新潮」では、「抱きしめていい?」「手を縛ってあげる」「胸触っていい?」などの福田氏の発言とされる音声を公開している。この騒動に対して、福田氏はセクハラ疑惑を否定。「新潮社を訴訟する準備を進めている」と表明していた。

そして16日、財務省は記者クラブ加盟の女性記者に「福田氏から同様の行為を受けたことのある人は調査に協力をお願いしたい」と協力を要請。さらに、麻生太郎財務相は17日に「被害者本人が名乗り出てこなければ、確認しようがない」と発言し、記者からの「セクハラは名乗り出にくい」という指摘に「福田の人権は“なし”ってわけですか」と返答している。