民進議員の国会発言めぐる訴訟、高須氏の請求を棄却

美容外科「高須クリニック」を運営する医療法人(高須克弥理事長)が、民進党(当時)の大西健介・衆院議員の国会での発言で名誉を傷つけられたとして、大西氏と当時の党代表の蓮舫氏らに計1千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁であった。

東京地裁は「大西氏らが国会議員としての職務行為で責任を負うことはない」と判断し、高須氏側の請求を棄却した。

訴状などによると、大西議員は昨年5月17日の衆院厚生労働委員会で、美容外科の強引な勧誘の問題を質問。「陳腐な広告が多い」と発言し、例の一つとして「『イエス!まるまる』とクリニック名を連呼するCM」を挙げた。

クリニック側は、この発言が長年CMで使ってきた「イエス!高須クリニック」を指すことは明らかだと指摘。「陳腐なCMとされた上、悪徳美容外科という誤解を生じさせた」と主張していた。

高須氏は本判決後、「想定内の判決だが、『陳腐』という発言に僕は傷ついている。控訴します。最高裁まで行くのが夢だ」とコメントしている。



フォローする