NTTグループ、海賊版サイトを遮断へ

通信大手の「NTTグループ」は、漫画やアニメをインターネット上に無断で公開している、いわゆる「海賊版サイト」について、近く接続を遮断する方針を発表した。

「NTTグループ」が接続を遮断するのは、「漫画村」、「Anitube(アニチューブ)」、「Miomio(ミオミオ)」の3つのサイト。問題のサイトは、漫画やアニメなどをインターネット上に無断で公開している、いわゆる「海賊版サイト」で、「著作権などの権利が著しく損なわれる」と問題視されていた。

遮断を実施するのは「NTTグループ」でインターネット接続業者の「NTTドコモ」、「NTTコミュニケーションズ」、「NTTぷらら」の3社。

NTTの担当者は「いろいろな批判があることは承知しているが、著作権侵害サイトに対して、何らかの対策をすることに異論はないはず」と説明。

一方の「ソフトバンク」は、接続の遮断に関しては「通信の秘密を侵害する懸念もあり、慎重な議論が必要である」とコメントしている。



フォローする